車両自体の費目

By | 2015年7月27日

交通事故で車が壊れたときの賠償

 

「停車中の車に相手の車が突っ込んできた!」「赤信号で停まろうとスピードを落としたところ、前方不注意の車から追突された」「駐車場や右左折の際、不注意から車にこすり傷がついた」

 

などなど、自転車、自動車、バイクといった交通手段を利用しているときに交通事故によって使っているモノが傷つくと、当然修理のためにお金が必要になります。

 

損害賠償請求では、傷ついて車両自体に対する費目もいくつか認められていて、適切な金額を請求することができるようになっているのです。基本的に車の修理費を考えるのですが、実は意外とけがの治療費よりも交渉が難航しやすいのが物品に対する損害賠償なのです。

 

今回は、車両自体の費目として請求を行うために知っておいたほうが良いことを説明していきます。

 

民事ではお金によるつぐないしか認められない

 

交通事故によって車に損害を受けたとき、あなたが真っ先に思うのは「修理なんてどうでも良いから車を元に戻してくれ!」というものではないでしょうか。

 

確かに、移動の手段である車が傷つくとその期間の移動にも難が出ますし、苦労して買ったばかりの新車なら元に戻してほしい、新車に買い換えて欲しいと思うのも当然です。

 

しかし、法律では物品に対する損害賠償請求は、お金によるものでしか認められていないのです。もちろん事故の相手があなたの希望通りに賠償を行いましょうと頷いてくれるのならば話は簡単ですが、基本的に新車を買い戻す、同じ年式や型式の車を用意する、といったことを求めることはできません。

 

けがに対する損害賠償や、事故の痛みなどに対する精神的な苦痛への慰謝料が金銭であがなわれるように、物品に関してもお金でしかつぐないができない、と考えるわけです。

 

残念なことに、特別な例を除いて物品の損傷に対しては思い入れや事情などは勘案されません。

仮に「新車を持って来い!」とかたくなに主張したとしても、示談交渉は決裂する可能性が高いです。

 

物品の破損は時価と修理費で計算する

 

では、車両自体の費目として最も一般的に考えられる車の修理費は、どのように計算すれば良いのでしょうか。

 

車両そのものへの修理費を考えるにあたって、事前に知っておかなければならないのが、「時価」という考え方です。

 

リサイクルショップや中古の本、CDはプレミアムが付いていない限り新品より安くなりますよね。物品の価値というのは、誰の手にも渡っていない新品のときの価値と、誰かが手に入れて一度でも利用したときの価値が異なります。

 

それは車両も同じです。

販売開始時期や購入したときから時間が経っているほど、たくさん使いこんでいればいるほど、車両の「現在の価値」は下がります。

そして、修理費用の計算においては、新車購入時の購入額や、現在同じ車を購入するときの価格ではなく、購入時より価値の減っている時価で評価されてしまいます。

 

300万円で購入して、まだ乗り始めて1年という車であっても、車両の修理をするときの車の時価は、300万円よりいくらか下がっていることになります。

 

そして、この時価と修理費用を比較して、どちらか低いほうしか請求額が認められないのが車両自体の費目の特徴なのです。

 

例で考えてみましょう。例えば、あなたが乗っている車は、型式が古く中古で購入したものであり、結構な年月乗っているので、時価で考えると30万円の価値があるとします。

 

この車で相手側に過失が10割ある事故に遭ってしまいました。

おもいっきりぶつかられてしまったので、車両のなかでも重要なフレームが歪んでいます。車の修理を見積もってもらったところ、少なくとも50万円はかかるだろう、といわれてしまいました。

 

このとき、時価30万円の車の修理をするために50万円の修理費を損害賠償請求することはできるのでしょうか?

 

答えは、できない、となります。修理費のほうが車両そのものの時価よりも高くなってしまっているので、「それなら車を買い替えたほうが合理的」と判断され、修理費50万円を請求することはできないというわけです。

 

結果としては、30万円の時価分を請求して30万円の別の車に買い換えるか、30万円請求して、残りの20万円は手出しで修理するかになります。

 

要するに、「交通事故で傷ついた車を新車で買い直すほどの損害賠償は不可能」であることのほうが多く、「交通事故で車両が損傷した場合、被害者損をすることが多い」のです。

 

特別な思い入れがある車の場合は?

 

車によってはとても大切な思い入れがあったり、どうしてもこの車でなければならない! という理由があったりしますよね。いくらかかっても良いから修理して欲しい、という人もたくさんいます。

 

しかし、多くの場合こういった思い入れや事情、つまり感情的な面を配慮した請求が認められることはないのです。

 

もし感情的な思い入れがあるからと請求額を増やす前例を作ってしまうと、保険会社側はほとんどの事故に対して新車を買い戻すくらいの保険金を支払わなければならなくなってしまいます。

すると、「車に飽きてきたら自分で事故を起こして保険金を取れば良い」なんて考える人も出てきてしまいます。

 

限定モデルであり、世界中を見渡してもたった数台しか現存しない、など明らかなプレミアが付いている場合を除けば、保険会社は立場上車両の修理費か、時価分の金額しか認められないのです。

 

車が壊れたことに対する慰謝料請求はできるか

 

車というのは、極端な話移動手段の一つに過ぎません。同等の移動力を持つものであれば、どの車であっても特段の違いはない。感情論を排除して考えると、法律ではこのように判断されてしまいます。

 

法律に親しんでいない人からすると冷たく感じてしまう意見ではありますが、多くの場合壊れたものは修理すれば良く、修理にお金がかかりすぎてしまうなら同等のものを購入すれば良いわけです。

そのため、裁判までもつれこんだとしても、大きな金額の修理費や、また車が壊れたことに対する精神的苦痛への慰謝料請求が認められることはまずありません。

 

ただし、別のページで説明しますが、「車が使えなくなったことによる被害」への損害賠償請求は可能です。車両そのものの修理費用として行う請求では損をすることになっても、総合的に十分な補償を受けられれば良いわけです。

 

評価損という請求費目

 

中古車を購入しようと検討したことのある方ならば知っていると思いますが、いわゆる事故車両、事故による大きな修理歴のある車は通常の中古車相場より安くなってしまいます。

 

人間でも、一度けがしたところはけがしやすくなる、なんてことがありますよね。

事故に遭った車は、仮に修理したとしても、本来の価値より低く見積もられてしまうのです。

 

これを評価損と呼び、新車など、修理しただけでは元の価値には戻らない場合には損害賠償が認められることがあります。