車両損害Q&A

By | 2015年7月27日

車両損害に関するQ&Aのまとめ

 

交通事故によってあなたの大切な自動車やバイクが壊れてしまったら、「車両損害」として損害賠償請求をすることが可能です。

 

車両に対する賠償はどこまで認められるのか、良くある質問をまとめました。

 

Q.車両損害ってどこまで補償されるの?

 

A.車の修理費に、代車費用、休車損害に評価損まで請求可能です。

 

車両損害として相手や相手の任意保険会社に請求することができる費目は決まっています。

主に利用される請求内容は、車の修理にかかる費用や見積もりの費用、買い替えを行う場合の自動車の取得税などを含んだ修理費用。

 

車の修理が終わるまで、または買い替えた車が納車されるまでの間、いたしかたなくレンタカーを借りるための費用として代車費用。

 

破損した車が営業車(タクシーや運送業者のトラック、バスなど)の場合、車を動かせないことで発生する損失として休車損害。

 

そして、「事故車」になってしまったことで下がった車の価値の差額を補填してもらうための休車損害があります。

 

注意したいのは、これらの賠償請求は必ずできるものではなく、事故の状況や車の状態、また事故被害に遭った人の事情によって変わってくるということです。

 

Q.相手のせいで事故をしたんだから、壊れた車を買い換えたい。新車の購入費用は請求できる?

 

A.残念ながら、新車の購入に足るほどの金額はほとんど請求できません。

 

物品に対する損害は、修理ありきで考えます。修理することが可能なら、修理費用を請求することしかできません。

なので、「ドアのここのところが凹んでしまったから、新車に買い換えたい!」といっても受け入れられないのです。

 

また、車両に対する賠償は、基本的に時価計算です。200万円で購入した車でも、数年乗っていれば相応に価値は下がります。

納車してから1ヶ月しか経っていない車でも時価評価になるので、修理費用が高すぎたり、修理が不可能で買い替えが必要な場合も、新車の購入金額は請求できません。

 

事故時点の時価と同額の価値を持った車を、中古市場で探して見積もりを取り、その金額を請求することになります。

 

Q.代車を使うとして、好きなグレードの車を借りても良いのか?

 

A.代車は一時しのぎのために使うものです。好きな車を好きなようにレンタルすることはできません。

 

車の修理は、1週間、2週間ほどかかってしまうことが多いです。外国産の車ならばパーツの取り寄せに時間がかかってしまい、修理が終わるまで1ヶ月以上待たなくてはならないということもあります。

 

その間、公共交通機関などでは移動手段の代用ができない場合、どうしても車が必要な理由がある場合、レンタカーを借りて利用できるようになっています。

 

ただし、レンタカーはあくまで一時的なつなぎです。ものすごく高級な外国産のスポーツ車に乗っていた人でも、同じクルマを用立てることはできません。

 

安全であり走れば代車としての機能に問題はないので、むやみに高いグレードの車をレンタルすると、代車費用が一部しか認められない、といったトラブルに発展します。

 

Q.大切な車だったから慰謝料を払ってほしい!

 

A.残念ながら、物品に対する慰謝料はほぼ請求不可能です。ただし、相手が支払うといえば別です。

 

法律では、被害者や加害者の感情に配慮するという概念がありません。

どんなにその人にとって大切なものであっても、ものである以上お金を出せば買い換えるか、同等のものを入手できるので問題ないと考えます。

 

ですから、たとえ大切な思い出が詰まった車でも、形見であっても車両が壊れたことに対する慰謝料請求はできないのです。

 

ただし、相手側が慰謝料を支払う、といえば話は別です。保険会社がイエスというかは別ですが、事故の相手が頷いていれば交渉次第で請求することも可能です。

 

また、非常に希少価値が高いものであるなど、金銭的価値、文化的な価値が高い車両の破損に対しては、慰謝料請求をすることができます。

世界を探しても数台しかない貴重な車である、などの非常に厳しい条件をクリアしなければなりません。

 

Q.相手から、「相場の倍払うから物損で届けてくれ」って頼まれたんだけど、どうしたら良いか知りたい

 

A.あなたがけがをしているのであれば、迷わず人身事故で届け出ましょう。

 

この手の交渉を持ちかけられ、了承してしまうパターンは結構あります。

しかし、了承して八方丸くおさまったというケースはあまり多くありません。実は、物損時として届け出をしてしまうと、きちんと補償を受けられなくなるリスクがあがります。

 

自賠責保険は、対人賠償しか担当していないので、あなたのけがを治してもらうには人身事故で届けるしかありません。また、自賠責では対物賠償を担当していないので、車両損害は任意保険のみで対応することになります。

 

物損で届けていると、車両の損害部分のみぱっと示談金を提示してきて、「物損で届けているのだからけがなんてないはず」「保険金を多くしようと自分でけがをしたのでは?」なんていわれてしまう可能性もあるので、やめておきましょう。

 

Q.動物をひいてしまったんだけど、車の修理費はどうすれば・・・。

 

A.基本的には、扱いは自損事故なので、自分の任意保険で対応するしかありません。

 

法律上では、ペットを含め動物は物品として扱われています。

交通事故の相手が野生の動物だった場合、当然相手は免許も持っていませんし、自賠責にも入っていません。

 

任意保険の担当者として熊が出てくることもないので、原則としては自損事故と同じ扱いになります。

あなたが加入している任意保険に、対物賠償や自損事故賠償がついていれば、そこから保険金をもらうことが可能です。入っていない場合は、車両の修理費は自費となります。

 

Q.相手がいう修理費用に納得できない!

 

A.納得できない場合、最終的には裁判です。

 

物損事故に対する損害賠償は、人身事故に比べて請求金額がどうしても少なくなりがちです。

ですが、場合によってはこちら側の過失を多く見積もられて請求額を差し引かれたり、十分とはいえない金額で示談を持ちかけてきたりすることもあります。

 

もちろん示談で話し合って解決すれば良いのですが、示談でダメなら交通事故紛争処理センターによる和解の斡旋、それでもダメなら裁判で白黒をつけます。

 

ただ、相手側の主張を覆し、こちらの主張を通すためには論理的かつ客観的な証拠が必要です。

 

Q.過失割合って重要なの?

 

A.損害賠償の総額から、あなたの過失割合分を差し引いて請求することになるので、とても重要です。

 

過失割合とは事故の原因がどちらにあったかを示す割合です。

100対0であなたに非がない場合でも、90対10や80対20と主張され、それを承諾すると賠償額の9割、8割しか請求できなくなります。

 

過失割合の決まり方に不満がある場合、弁護士を頼るなどして交渉を行いましょう。