自動車保険の仕組み

By | 2015年7月27日

自動車保険の仕組みが知りたい!

 

交通事故に遭ったとき、あなたが被害者か加害者かに関係なく、自動車保険会社に頼ることになるでしょう。どうしても料金のことを考えてしまう弁護士に電話するより、まずは保険会社に・・・という方も多いはず。

 

ですが、自動車保険の仕組みについてあなたはきちんと理解していますか? 自動車の整備については知らなくてもプロに任せることができますが、保険についてはあなたが選び、適切な知識に基づいて事故後の判断をしていくことで最大の効果を発揮するものです。

 

交通事故に遭ったときのため、と深く考えずに安さだけで自動車保険を選んでいては、後悔してしまうかもしれないのです。

今回は、自動車保険がどういった仕組みで動いているのか、とくに、自賠責保険と任意保険の違いについて説明していきます。

 

まずは、それぞれの保険の基礎的な知識をチェックしましょう。

 

自賠責保険とは

 

自賠責保険の正式名称、知っていますか? 自賠責は略量で、正式には「自動車損害賠償責任保険」という名前の保険なのです。

自賠責保険は、ナンバーを持つ車両であれば、原付バイクであろうと自動車であろうと等しく加入が義務付けられている保険ですよね。未加入でいる、ということはまずないと思います。

 

自賠責保険は、自動車損害賠償保障法という法律によって運転手に強制加入が義務付けられている保険です。この保険の目的とは、ずばり「あなたが事故でけがをさせた相手に、必要最低限の補償ができるように」というものです。

 

最近は自転車事故などでも問題になってきているのですが、自動車保険に関して完全に入るも入らないも利用者の任意としてしまうと、間違いなく「無保険で車を乗り回す」人が出てきます。

 

自動車事故では、ときに億という単位の損害賠償責任が発生するのですが、こんな金額を用意できる人はほとんどいないのが現状です。

たとえ裁判になっても、お金がないから払えないと逃げられてしまうことだってあります。世の中の全ての人が完全無欠の善人というわけにはいかない以上、「交通事故で大けがをしたのに、なんの補償もしてもらえない」被害者が増えてしまいます。

 

自動車という簡単に人を傷つけられる装置を利用するにあたって、例えどんな相手と事故になろうと、最低限の補償だけはできるようにしたい。こういう考えで生み出されたのが、自賠責保険なのです。

 

ですから、自動車保険ではまず自賠責保険という最低限の補償があって、そのうえでカバーできないものや、個人的にこだわっておきたい部分の補償を任意保険が担当する、という構造になっています。

 

任意保険とは

 

任意保険は、加入が義務付けられていない保険です。個人賠償責任保険なんて呼んだりもしますが、自賠責に比べて自由度も保険料もプランもさまざまなので、とても多彩なのが特徴です。

 

大抵は損保会社と呼ばれる保険会社がいくつかのプランを用意しています。最近では店舗を持たず、ネットを中心に活動する任意保険も出てきています。

 

自賠責保険とは違って、あなた自身の意思で加入をするので、毎月自分が選んだプランに対する保険料を支払い、その代わりに事故があったときは補償をしてもらう、というシステムになっています。

 

次は、自賠責保険と任意保険でそれぞれどのような被害に対する賠償ができるのか、ざっと確認していきましょう。

 

保険で補償される内容

 

自動車保険で補償される内容は、任意保険を含めると非常に数が多いです。ただ、大まかにわけると、

 

・相手側のけがに対する補償

・自分側のけがに対する補償

・物品に対する補償

 

にわかれています。ただ、自賠責保険と任意保険では補償の範囲が全く異なりますし、任意保険でもどこまで補償されるのか、いくらまで補償されるのかも違います。

交通事故になる前にしっかりと確認しておかないと、「保険金が出ると思っていたのに!」という事態になりかねません。

 

・自賠責の補償内容

 

自賠責保険で補償されるのは、うえにある3種類の補償内容からいうと、

 

・相手側のけがに対する補償

 

のみとなっています。

つまり、自賠責保険では物損事故が起きたときの補償、人身事故でもこちらや相手の車が傷ついていることに対する補償は、一切受けられないのです。

 

ここを勘違いしていると、人身事故で届け出るか物損事故で届け出るか悩んでいるとき、「けがの治療費は保険で支払いますから、どうか物損で・・・!」なんて具合に頼まれたとき、安易に首を縦に振ってしまうのです。

 

自賠責保険では物損事故に対しては補償がありません。事故を物損で届け出ている以上、あなたが負ったけがや痛みは、「交通事故が原因のものではない」のです。

つまり、相手は保険など使わずに、適当に逃げ切ってしまうことも可能なわけです。これでは痛し痒しですよね。

 

・任意保険の補償内容

 

性質上、自賠責保険は相手に対するけがの補償しかできません。

これ以上の補償をしたい場合に使うのが、任意保険です。任意保険には特殊なケースを補完する特約などもありますが、代表的には以下のような保険が用意されています。

 

・相手のけがに対する補償(対人賠償)

・物品の破損に対する補償(対物賠償)

・事故相手のいない事故のときの補償(自損事故保険)

・車両の損害に対する補償(車両保険)

 

です。

それぞれ、決して難しいものではありません。これこれこういう状況で事故が起きた場合、相手のけがに対する補償を○○万円まで補償いたします、というものです。

 

自賠責保険では補償される金額の上限も低いので、対物は5000万円、対人は無制限などで契約することが多いです。

また、自賠責では対応できない対物補償、社保量保険、自損事故保険に入っていないと、手出しが多くなるのでかなり大変です。

 

補償額が大きくなり、より多彩な状況でも補償してもらえるプランだと保険料は高くなります。

 

任意保険は自賠責の範囲を越えて補償される

 

任意保険は、基本的に「自賠責保険の補償範囲を越えたとき」に賠償を行います。

これはいいかえれば、自賠責保険の補償の範囲内であれば、任意保険会社は1円も出さなくて良いということです。

 

交通事故後の示談交渉で、「自賠責の範囲に抑えたほうがいい」といったことばが良く使われます。任意保険会社からすれば、被害者が自賠責の範囲の金額で納得してくれれば損をしないので、必死になって保険金額を引き下げようとするわけです。

 

ただ、そのために被害者が十分な補償を受けられないのでは意味がありません。保険会社は交渉のプロですから、行き詰まったとき、相手方の提示する金額に納得できない場合は、エジソンをはじめとする弁護士に相談して対抗していただきたいのです。

 

任意保険は優れた制度ですが、被害者だけが泣き寝入りする事態は避けなければなりません。被害者になっても加害者になってもきちんと補償を受けられるように、保険は吟味して決めましょう。