示談交渉・裁判

By | 2015年7月27日

示談に臨む前に、弁護士に相談したほうが良い理由

 

損害賠償請求を行うために、絶対に避けては通れないのが相手との交渉、つまり話し合いです。

あなたが交通事故によって受けた被害を補償してもらうために、交渉する相手はいくつかのパターンがあります。大まかに考えると、

 

・事故の加害者

・事故相手が加入している任意保険会社の担当者

・あなたが加入している任意保険会社の担当者

 

の3パターンです。

基本的には、交通事故の加害者が加入している任意保険会社の担当者との交渉です。

 

ただ、相手が任意保険に加入していなければ直接相手や自賠責保険と交渉の席につくことになりますし、仮に相手が保険に加入していなかったとしても、あなたが加入している保険の特約が使える場合、自分の保険会社の担当者と交渉することになります。

 

ここで注意しておきたいのが、保険会社同士のやり取り、またはあなた個人と保険会社の交渉になった場合、十分な補償を受けられる損害賠償請求にならない可能性が高い、ということです。

 

事故に遭ったあと、自分の保険会社に任せておけば万事うまくいくと考えている方もいますが、それは間違いです。

保険会社はあくまで必要最低限のサービスを提供するものであって、あなたのけがや後遺症に対して真剣に向き合ってくれるわけではありません。

 

極端な話、しおらしい対応をしてみせれば自社が支払うべき損害賠償額が少なくなるのなら、それで良いのです。だからこそ、味方だと思っていた自分の保険会社の担当者から、示談を成立させてはと持ちかけられてがっくり来てしまったりするわけです。

 

保険会社の社員はこういった交渉事に慣れており、どのような受け答えが適切なのかマニュアルなどでじっくりと勉強しています。

 

交渉相手はいわば歴戦の強者です。なんの準備もせずに交渉をしても、高い確率で丸めこまれてしまうでしょう。それを避けるために必要なのが、弁護士の存在なのです。

 

私たちエジソンのように、交通事故の取り扱い件数が多い弁護士や、交通事故専門の弁護士は、適切な損害賠償請求額の相場がどのくらいなのか、今後交渉の場でどういうことをすべきなのか、といったことを全てわかっています。

 

交渉を始める前、または交渉を始めてからどうにも納得がいかないという場合は、すぐさま弁護士までご相談ください。

交渉というのは一方的な意見が通る場ではありません。しかし、交通事故後の交渉では、あなたの無知を良いことにできるだけ低額で済ませようとする相手も多いのです。

 

精神的な安定と、実戦的な交渉力を兼ね備えた弁護士に頼んでおけば、唯々諾々と相手のいうことに従うより良い結果になる可能性は高まります。

 

示談交渉は感情的にならないように主張すべし

 

示談交渉や裁判では、とにかくあれこれと色々な言葉が飛び交います。

事故に遭い、けがをしているあなたからすれば、ごちゃごちゃいわずに1日でも早く損害に対する賠償をしてほしい、治療費や慰謝料を払って欲しい、はたまた加害者から誠心誠意手をついて謝ってほしい、と思うことでしょう。

 

しかし、感情的な主張を行ってしまうと交渉がうまくいくことはありません。

例えば、金銭的な補償を要求しつつ、事故相手からの謝罪を要求しても、通ることはないでしょう。

 

民事での争いというのは、最終的に法律によって白黒をはっきりさせ裁判に移行します。裁判の場では客観的な証拠、冷静な意見こそが重要視され、感情面はあまり気にされないのです。

 

示談の場面から冷静に、客観的な証拠やデータをもとに主張をすれば、感情的になるよりもずっと容易くあなたの要求を通すことができるのです。

 

示談で納得できない場合は紛センの力を借りよう

 

どうしても示談が成立しない場合、すぐに裁判をするか、または交通事故紛争処理センターというところにお願いをして、話し合いの仲介をしてもらうことが可能です。

 

交通事故紛争処理センター、通称紛センで示談の斡旋を頼んだ場合、法的な知識をきちんと持っている人が判断役として両者の意見を調整してくれます。

予約は必要ですが、当事者同士で示談を長引かせるより短時間で妥当な結果を引き出してもらえる解決方法です。

 

ただ、紛センであなたが受けた被害に釣り合う損害賠償が必ず請求できるかというと、難しい部分もあります。基本的には法に詳しい人が立ち会ってくれるので、客観的な証拠、データ、正当性のある意見があるほうが採用されやすいです。

 

ここでも、感情論で主張をしてはうまくいきません。

事故が起きた当時の交通状況や周囲の状態、天候、相手の過失、けがの程度など、使えるデータがないと戦いようがないのです。

 

ただ、紛センから提示される示談の内容は、比較的裁判基準より、つまり高額な損害賠償が認められやすいので、示談に行き詰まったときは効果的な対処法といえます。

 

証拠を揃えて裁判で対決しよう

 

事故の当事者同士で話し合ってもうまくいかない。紛センが間に入ってもうまくいかない。そんなときは裁判が決着の場となります。

裁判所にも色々ありますが、交通事故における訴訟であれば、大抵地方裁判所からスタートします。

 

裁判をするためには訴状を用意し、必要な証拠や書類を作らなければならないので、非常にハードルが高いやり取りです。裁判官も人間ですから、初回から感情的に対応したり、筋の通らない主張をしたり、用意すべき書類に不審な点や見落としがある場合心象が悪くなってしまい、不利になってしまいます。

 

弁護士を立てておけば、小難しい内容の訴状に悩む必要もありませんし、裁判での喧々諤々のやり取りも自分でしなくて良いです。

相手によっては、不法行為に当たらない程度に人格的な批判を織り交ぜてくる場合もあります。裁判なんて静かに意見を交わし合うだけだろうというのは大間違いで、できる限りの武装をして裁判に臨むことが大切なのです。

 

また、裁判は必ずしもあなたの休みの日に都合よく行われるわけではありません。

民事の場合欠席をすれば相手の主張が全て通って負けてしまうので、平日の昼間になんとか休みを取って出席しなければならないことも多々あります。

 

裁判が長引けばその分何度も仕事を休まなければなりませんが、弁護士に任せておけば代理で出廷してもらい、裁判の様子を聞いて今後の方針を固めることも可能です。

 

裁判を恐れずに交渉しよう

 

裁判と聞くと、いかにも大変で面倒な感じがしますよね。

ですが、交通事故後の交渉において裁判を必要以上に恐れることはありません。

 

というのも、損害賠償金額は裁判をしたときのほうが高額になりやすいからです。裁判では被害者の感情面は考慮されませんが、だからといって不当な金額での賠償を認めているわけではないのです。

 

根拠があり、合理的な主張に基づいた金額であれば裁判をして勝ち取ることができるので、むしろ裁判をしたいというぐらいの気持ちで交渉すると良いでしょう。