相手を負傷させた場合

By | 2015年7月27日

自転車事故で相手を負傷させてしまうと・・・?

 

あなたが自転車に乗ってさっそうと走っているとき、曲がり角からひょいと歩行者が飛び出てきた。対向して向かってくる自転車とうまくすれ違うことができず、相手に思い切りぶつかってしまった。左右を確認せずに右左折してしまったら、そこに人がいた。

 

自転車に乗っていると、歩いているときよりもずっと速いスピードを簡単に出すことが可能になります。

毎日の通勤通学に自転車を利用しているとスピードにも慣れてきてしまって、「今日は寝坊してしまったから、思い切り漕いで間に合わせよう!」なんてことをやってしまったという経験は、多くの方がお持ちでしょう。

 

しかし、急いでいたり、焦っていたり、不注意だったり、周囲の確認をおろそかにしていると、思わぬところで交通事故を起こしてしまうのです。

 

運良くお互い接触を避けることができれば良いのですが、自転車やバイク、歩行者とぶつかってお互いにかすり傷ほどのけがも負わない、という可能性はあまりにも低いです。

 

自転車は所持するのにも運転するのにも免許が不要な乗り物だけに、子供からおじいさんおばあさんまでが利用しています。自転車に乗っている限り、誰もが人身事故の加害者になり得るのです。

 

今回は、自転車事故で相手にけがをさせてしまった場合、どういった責任を負わなければならないのか? どういう処分が下されるのか? を説明していきます。

 

「そんな罰則があるなんて聞いてない!」「そんなつもりじゃなかったんだ!」「あのとき事故さえ起こさなければ・・・」と悔やんでしまわないように、人身事故を起こしたときのことを知っておきましょう。

 

相手をけがさせている以上、責任を取らなければならない

 

詳しくは「交通事故における自転車利用者の責任」にて説明しますが、自転車に乗っていて相手をけがさせるような交通事故を起こした場合、いくつかの責任を取らなければなりません。

 

道路交通法に違反しているのであれば刑事罰を受けることになりますし、重大な過失があり、悪質性が高い場合は、自転車事故でありながら自動車免許の免停といった処分もあり得ます。

 

なにより、けがをさせてしまった相手の治療は、あなたが責任をもって行わなければなりません。

 

相手がけがをしてしまった場合、どのような費用がかかるのでしょうか?

おおざっぱにあなたが支払うべきお金を上げてみると、

 

・病院に行ったり、リハビリを受けたりする治療費

・けがをして働くことのできない期間の損失を補填するための休業補償

・後遺障害が残った場合はその慰謝料

・相手も自転車やバイクに乗っていたのであれば、それら物品の賠償

 

といったものになります。

ちょっと膝小僧を擦りむいたくらいのけがならば治療費は大してかかりませんが、相手が転んで頭を打ったりしたら精密検査が必要ですし、骨折などをしてしまえば治療に時間もかかります。

 

けがの治療が一段落したら、事故の相手からは当然損害賠償請求が行われます。

示談などを行って、お互いが納得できる金額を最終的に割り出したら支払いをして終了です。

 

ただ、事故の加害者と被害者ではどの程度の負担をすべきなのかが食い違ってしまうことも多く、解決まで時間がかかることも多いです。もちろん、不当に治療費等を引き下げることはできませんし、逆に不当に治療費を高く見積もられることもありません。

 

ただ、治療や生活の立て直しに必要な金額を求めるには時間がかかってしまいます。

事故に遭ったら相手の補償をするべきと考えている人でも、いざゼロがたくさん並んでいる請求を見たとき、なかなか素直には頷けないものです。

 

相手のけがの治療費や慰謝料は誰が払うのか

 

自転車事故は、すべての事故が軽いけがで済むようなものではありません。

自動車と違って運転免許が必要ないという手軽さ。誰もが手軽に速く楽に移動することができるという優れた機能。安全や事故のリスクの軽視。

 

これらの要因が複雑に絡まり合って、重大な事故が増えてきています。そしてけがが重くなるということは、治療費や慰謝料も高額になっているということです。

 

現在、自転車事故の危険性が取り沙汰されるようになるにつれて、被害者救済のために自転車事故でも自動車の事故と同じようにしっかり責任を追求する、という流れができています。

 

相手がけがをしてしまったことによって発生する治療費や慰謝料は、当然事故の加害者であるあなたが支払わなければなりません。

 

数万円程度ならなんとかなりますが、数十万円、数百万円、数千万円規模になってくると、個人資産ではとうてい負担しきれませんよね。そこで頼りになるのが、保険です。

 

ただ、強制加入の自賠責があり、任意保険に入るのが当たり前である自動車とくらべて、自転車保険の加入は軽視されがちです。

保険に入っていれば保険会社のほうに補償の負担をしてもらえるので、あなたが負うべき金銭的な負担はかなり軽減されます。

 

また、保険に入っていれば、交渉なども保険会社に任せることができます。

けがをした相手に謝罪をせず、保険会社に任せきりにしていると、印象が悪くなるので気をつけましょう。

 

自分のけがを治そう

 

自転車事故では、あなたもけがをする可能性が高いです。自転車に乗っている人の多くは、日常的に膝や肘のプロテクター、頑丈な衣類、ヘルメットなどを装着していません。

 

シティサイクルのかごにねぎの入ったスーパーの袋を突っ込んでいる人が完全防備だったら、それはそれで珍しい光景だと思う人が大半でしょう。しかし、本来なら完全防備で自転車に乗っていたほうが良いのです。

 

自転車は重心の不安定な乗り物です。体がむき出しになっているので、転べば体のあちこちを打ち付けてしまいます。

相手がけがをするのと同様に、あなたも頭を打ってしまったり、ねんざをしてしまったり、骨折してしまったりしやすいです。

 

相手のけがを治すことも重要ですが、あなた自身のけがも治さなくてはなりません。

自転車には、自賠責保険のような強制加入の保険はありませんから、個人的に入っている自動車保険の特約や自転車保険を利用するか、国民保険や社会保険を使って病院で治療を受けることになります。

 

自転車事故を起こさないように気をつけよう

 

自転車事故で相手に大けがをさせてしまうと、高額な治療費、慰謝料などの損害賠償金を支払う必要が出てきます。たとえ自転車保険等に加入していて自分の懐は痛まないとしても、誰かをけがさせて嬉しい楽しいなんてことはありませんよね。

 

自転車事故を軽視していたために、大きな事故、けがをさせてしまった場合、後悔してもしきれない結果になってしまいます。

年々取り締まりが強化されていることを踏まえて、自転車に乗るときは少しの気の緩みも持たないように気をつけましょう。

 

自転車事故では、あなたも、けがをしてしまった相手も、保険会社も、誰もが損しかしないのです。