損害賠償金診断ツール

By | 2015年7月27日

損害賠償金診断ツール

 

交通事故の被害によって、どのくらいの損害賠償金が発生するものなのか、まず気になるのはそこですよね。

 

さくっと簡単にいくら請求できるのか、もらえるのか計算できれば良いのですが、損害賠償金額に関しては細目や基準によって金額が大きく変わるため、細かい数字が出しづらいのです。

 

そこで今回は、どういった名目で補償を要求できるものなのか、ある程度自分で把握することができるように説明をします。

 

保険会社から出された賠償金の金額に、唯々諾々と従って得をするのは保険会社だけなのです。

 

示談金と損害賠償金と慰謝料は違うのか?

 

法律用語は難しいものが多いですよね。

交通事故の解決を目指している最中、「示談金、損害賠償金、慰謝料ってそれぞれなにが違うんだ?」と思う方もいるのではないでしょうか。

 

そこで、まずはこの用語の違いをチェックしておきましょう。

結論からいうと、損害賠償金=示談金であり、慰謝料は損害賠償金(示談金)の一部です。

 

損害賠償金とは

 

損害賠償とは言葉通りの意味で、「交通事故が起きたことによってあなたに発生した、ありとあらゆる損害を相手にあがなってもらう」ことです。できるだけ簡単に言い換えると、交通事故後あなたが保険会社や事故の相手からもらうお金の総額のことを指します。

 

交通事故が起きてけがをすると、様々な問題が起きますよね。

けがをしたら病院に行って治療を受けなければならない。後遺症が残れば今後の生活に支障が出るのでその補償が必要だ。けがの治療中は仕事をすることができないので、もらえるはずだった給料がもらえない。週末に旅行に行く予定だったのにキャンセルだ、けがの影響で結婚式を延期した、などなどです。

 

要するに、事故が起きたことであなたが被った不利益と、事故が起きなかったら手に入れていたであろう利益を事故の原因である相手に請求するわけです。

 

示談金とは

 

示談金とは、「この金額をお支払いしますよ。これで問題は解決で、ここから先交通事故については言いっこなしですよ」というお金のことです。

 

事故を起こした相手同士が話し合いをし、そこでどのような補償を行うのかを決めるのが示談です。示談が成立した証として支払われるお金が示談金なので、言葉は違いますが意味合いとしては損害賠償金と同じなのです。

 

慰謝料とは

 

一方の慰謝料は若干性質が違います。慰謝料は慰め謝罪すると書きますよね。

文字通り、事故を起こして申し訳ない、けがをさせてしまったので申し訳ないというお金のことです。

 

事故が起きたせいで車に乗れなくなった、治療は痛みを伴うものでとてもつらい。

こういった精神的な苦痛、肉体的な苦痛、もしくは大切な家族を亡くしてしまってつらいといった遺族の苦痛に対するせめてものつぐないとして請求するものであり、支払いがされるものです。

 

ものすごく簡略化していうならば、「交通事故が起きたせいでかかったお金」とは別に、「傷ついたからもらう」お金が慰謝料です。ここに「事故がなければ手に入れていたお金」などを足した最終的な金額が示談金であり、損害賠償金であるというわけです。

 

損害賠償金を診断しよう

 

損害賠償金の計算式を作ってみると、

 

(医療費+休業損害+逸失利益+慰謝料)×過失割合-すでに支払われているお金

 

となります。

 

医療費

 

交通事故のけがを治療するためにかかった費用です。通院・入院にかかった金額はもちろん、付添を頼んだためにかかった費用や、入院中に必要だったこまごまとした日用品、車椅子や杖、義足などの装具、交通費や診断書をもらうための費用などが含まれます。

 

休業補償

 

医療費と並んで費用が大きくなるのが休業補償です。交通事故のけがで働くことができない期間中も給料を請求できます。

基本的には、前年度の収入から1日あたりの収入を計算し、症状固定までにかかった日数を乗算して求めます。

 

逸失利益

 

逸失利益という考え方があります。「事故なんて起きなければ手に入った、または手に入ったはずの利益」のことです。

 

大きなものでは後遺障害逸失利益といって、後遺障害等級(どのくらい重い後遺症が残ったのか)を基準に計算するものがあります。

どの程度労働力が落ちたのか、本来働けるはずだった年数はあと何年あるのか、介護が必要になったのでその費用は、と細かく計算します。

 

また、例えば「これが決まれば昇進が確実だった大切な商談を、事故のせいで潰してしまい昇進できなくなった」場合の利益なども請求できます。

ただ、将来的な利益は数字に換算するのが難しく、また会社から一筆書いてもらうなどの証明が必要になります。

 

慰謝料

 

慰謝料に関しては、いくらなのかで揉めやすいです。

「とにかく心が傷ついたんだ! 払え!」というのではいつまで経っても正確な金額を出せないので、目安として入院、通院にかかった日数で金額を計算する「入通院慰謝料」と後遺障害認定が何級だったかで決まる「後遺障害慰謝料」というものが用意されています。

 

事故の状況や悪質性、被害者の状況などによっても左右しますし、各弁護士会によっても基準額は違います。

 

他に、事故の相手が亡くなってしまった場合の慰謝料などもあります。

 

過失割合

 

いわゆる、あなたと相手とどちらが悪いのかという責任の割合です。

事故後に行われる警察の現場検証で過失割合は算出されますが、保険会社からまた違う割合で保障額を計算される場合もあります。

 

事故発生時の交通の状況や不注意があったかどうか、一時停止や進入禁止などを守っていたか、直進か右左折かなど様々な要素を見て割合が決まります。

 

例えば事故の原因があなたに3割あったとすると、損害賠償金額が1000万円の場合、3割を乗算した300万円があなたへの賠償金となります。

 

過失割合に納得がいかない場合は、交渉することも可能です。

 

すでに支払いを受けているお金

 

後遺障害認定が出ると、保険会社からの支払いを待たずに自賠責からお金を受け取ることができます。

また、相手側に10割の過失がある場合は、保険を使わない治療になる分医療費の負担が大きくなってしまうので、先に医療費分の支払いを受けることがあります。

 

このように、最終的な示談金、損害賠償金が決まる前にすでに支払いを受けているお金に関しては請求額から差し引くことになっています。

 

具体的な数字は出せないの?

 

ここまで説明してきた損害賠償金額の内訳は、目安です。

状況や相手の意見によって、どの程度認められるかは変わってきます。例えば裁判となれば弁護士費用を上乗せして請求することになりますし、遅延損害金といって賠償が送れる期間分請求を上乗せすることもあります。

 

全く同じ内訳で考えていても、保険会社独自の基準と裁判で使われている基準が違うので金額が倍違う、なんてこともしばしばです。

 

損害賠償金の額が不服である、不満がある、納得いかないという場合は、ぜひ弁護士を頼ってください。