後遺障害Q&A

By | 2015年7月27日

後遺障害に関するQ&A特集!

 

「後遺障害ってなに?」

「交通事故に遭ったとき、後遺障害を認めてもらうためにはどうすれば良いの?」

といった後遺障害についての良くある質問をまとめて紹介していきます。

 

Q.後遺障害ってなんのこと?

 

A.後遺障害とは、症状固定してもなお状態が改善せず後遺症が残っていることです。

 

例えば、交通事故に遭ってけがをした右腕にしびれを感じる。これは後遺症です。

しかし、けがが治り、医師が「もう入院も通院も必要ありませんよ」となったとき、それでもなお腕のしびれが残っていたら、後遺障害となります。

 

交通事故後の損害賠償請求では、「懸命に治療をして、それでも残った不具合があるのだからその補償を」という後遺障害慰謝料や後遺障害逸失利益といった賠償請求をすることができるのです。

 

Q.後遺障害は誰に認めてもらうの?

 

A.医師の診断書などをもとに、損害保険料率算出機構の自賠責損害調査事務所というところが決めています。

 

後遺障害がどれくらい重いものなのかを客観的に表すために、後遺障害認定等級という基準が作られています。

自賠責基準と裁判基準でやや異なる部分もありますが、第1級から第14級まである後遺障害認定等級の何級になるか、で慰謝料等の金額は大幅に変わります。

 

そして、後遺障害の等級を判断しているのが、損害保険料率算出機構の自賠責損害調査事務所というところなのです。

医師が作った後遺障害診断書を中心に、その他の情報を集めて後遺障害が何級なら妥当なのかを判断しています。

 

Q.相手側の保険会社から、「後遺障害は○級ですね」なんていわれたんだけど・・・。

 

A.自賠責損害調査事務所がいうものでないなら、気にする必要はありません。

 

交通事故の被害に遭ってあと、「もう症状固定です」「それ以上通院されても示談金は増えません」などのことばを投げかけられる場合があります。

 

基本的に気にする必要はありません。あなたが治療が必要だと感じ、また医師も治療の有効性を認めている以上けがの治療はすべきです。

 

症状固定は医師しかくだせない判断ですし、後遺障害の等級に関しても、自賠責損害調査事務所が出したものでないなら、あくまで保険会社はそう思っている、という程度のものでしかありません。

 

Q.後遺障害の等級ってどうやって請求すれば良いの?

 

A.保険会社に任せる事前認定と、自ら行う被害者請求のどちらかを利用します。

 

後遺障害認定の等級を、損害保険料率算出機構にお願いするために使える方法は基本的に2つです。

 

「事前認定」では、必要書類や手続きの準備、損害保険料率算出機構への連絡などをすべて保険会社に任せて等級を請求します。

 

「被害者請求」では、保険会社を通さずあなたが必要書類を揃え、手続きを行い、損害保険料率算出機構の自賠責損害調査事務所に直接請求を行います。

 

事前認定は楽ですが、あなたの後遺障害をきちんと証明するための証拠、情報をきっちり揃えられるとは限らないので、等級が明らかに不服な場合は被害者請求を利用することで、等級の再申請をすることができます。

 

Q.後遺障害で困っているのに、示談金の額が少ないんだけど!?

 

A.裁判基準で計算されているか、後遺障害の等級は適切か確認して対策を打ちましょう。

 

後遺障害によって発生する賠償は、等級いかんで1000万円を軽く越えた請求額になります。

保険会社としては支払う保険金は少ないほうが良いので、後遺障害に関する費目に限らず、最初は非常に低い金額を提示してくることが多いです。

 

対応としては、

 

・自賠責保険の基準ではなく、裁判基準での請求をする

・後遺障害の等級が適切か確かめ、等級の再請求を行う

 

といったものが効果的です。

なお、どちらの対応でも複雑な知識や交渉力、または医師との面談などが必要になってくるので、弁護士に相談してから決めたほうが良いです。

 

Q.後遺障害の等級が適切かどうかわからない

 

A.弁護士に相談してみましょう。

 

後遺障害の認定に関しては、後遺障害が2箇所以上ある場合はどちらが優先されるのか? などシステムが複雑なので、わからないときは素直に専門家を頼ったほうが良いです。

 

また、一旦出された等級に不服がある場合でも、最初の決定を覆すほどの説得力のある資料が必要になってきます。

最も重要な「後遺障害診断書」をかくことができるのは医師だけであり、医師の意見によっては自覚症状などが省かれてしまうケースもあります。

 

ときには医学的な知識をもって、医師との意見交換で必要書類を作り替えたり、実際にあなたの介護の様子や事情を鑑みて、適切な等級なのか判断したりする知識と経験が必須となります。

 

とても大変な作業だからこそ、信用して任せられる相手に任せましょう。

いきなり再請求までいかなくても、相談だけでも請求内容を改善できるかある程度見極めることも可能です。

 

Q.後遺障害に関してあれこれがんばって、本当にむくわれるんですか?

 

A.ケースによりますが、損害賠償の金額が倍以上に跳ね上がることもあります。

 

多くの方にとって、弁護士に相談をしたり、着手金をどうしようか考えたりするのはひどく大変なことです。

ですが、重度の後遺障害は一生付き合っていかなければなりません。これくらいで良いや、と妥協してしまうと、長い間後悔してしまいます。

 

残念ながら後遺障害がごく軽い場合は劇的な効果は見込めませんが、後遺障害が重いときは一度は相談をしたほうが良いです。

 

裁判になったとき、頼れるのは保険会社ではなく、あなたの代理で法廷に立ってくれる弁護士なのです。

 

Q.むち打ちは後遺障害になりますか?

 

A.少し条件は変わりますが、むち打ちも立派な後遺障害として認められます。

 

むち打ちにも種類があるのですが、交通事故に遭ってなんだか首が痛い、頭が重い、気分が優れない場合、時間をかけて治療を行うしかありません。

 

むち打ちに関しては、長期的な視点で見ると完治することの多い後遺症なので、補償される金額や範囲を通常の後遺障害よりも縮小した形ではあるものの、後遺障害の等級認定を受けられます。

 

とはいえ、後遺障害の認定には医師の診断書が必要です。

客観的にむち打ちを証明するのが難しく、またできるだけ早めに後遺障害の等級を取るために動いていたほうが良いので、やはり弁護士の意見を聞いておくのがおすすめです。

 

Q.事故のあと、痛くなくても「首が痛い!」っていえばすぐ後遺障害等級を取れますか?

 

A.けがや後遺症の詐称をするのはやめましょう。

 

むち打ちの等級申請が難しい理由の一つが、医学的にむち打ちで苦しんでいることを証明するのが難しいという点です。

 

残念ながら、慰謝料などを少しでも水増しするために意味もなく通院したり、完治していないといいはったり、むち打ちでないのにむち打ちだという人がいますが、最終的に裁判になったとき確たる証拠がないと負けるのでやめましょう。