代車費用

By | 2015年7月27日

車両が使えないなら代車を使おう

 

交通事故の被害で、車を修理に出さなければならなくなってしまった。当然、手持ちの車や営業車は修理工場での預かりとなるわけですから、修理が終わって車を取りにいくまで、あなたの貴重な移動手段が失われてしまうことになります。

 

車が手元にない! しかし車での移動が必要だ! という場合、代車を利用することを考えましょう。主にレンタカーを借りて、修理が終わるまでの間をつなぐわけですが、レンタカーを借りる費用などは代車費用として損害賠償請求することが可能なのです。

 

ただ、代車費用の請求は、保険会社が嫌がる費目のひとつです。まず間違いなく最初は代車費用なんてまったく請求できないようなことをいってきます。

 

出し渋る保険会社から代車費用をきちんと請求するために、請求を行ううえで必要な各種の知識を知っておきましょう。

 

代車費用の基本知識

 

代車費用とは、文字通り代車を利用するためにかかった費用です。ただし、事故にあって車を修理していれば、だれでも無条件に代車を乗り回して使った金額を請求しても良い、というわけではありません。

 

大まかに説明を行うと、代車費用が認められるためには、

 

・どうしても車が必要な理由がある

・請求できるのは最高でもかかった実費のみ

・代車のグレードは相応のものを選ばなければならない

 

といったものがあります。

 

・代車の必要性

 

まず必要なのは、代車の必要性です。これはどんな理由でも構いません。

毎日車を使って通勤をしている、通学をしている。子供を保育園まで送っていくのに車がどうしても必要だ。会社の営業車なので、車がないと話にならない。

 

こういった理由があれば良いわけです。

なお、「普段から歩いて5分の距離でも車を利用しているから代車を使う」といった、いまいち合理的でない理由を提示した場合や、バスやJRなど、公共交通機関が非常に充実していて車を利用する必然性がない場合、代車費用が認められないこともあります。

 

無茶苦茶な理由で請求することはできない、ということですね。

 

・請求できる金額は実費

 

代車費用に関しては、基本的には実費です。これは後ほど説明を加えますが、実費かつ過失割合分の請求しかできません。

 

どういうことかというと、「1週間代車を利用するために5万円かかった」と請求することはできても、「1週間代車を利用するかもしれないから、5万円払ってくれ」というのは認められないということです。

 

もちろん保険会社の対応によっては事前に代車費用として一定額を先払いされることもありますが、原則実費です。慰謝料とは性質のことなるものだと覚えておくと良いでしょう。

 

・高級車を好き放題には借りられない

 

見落としがちなのがグレードです。

どうせ短い間しか乗らないのだから、と高級車をレンタルしたくなることだってありますよね。しかし、高級車を代車に利用することはほとんどの場合認められないのです。

 

通常は、修理中の車両と同程度のクラスの車を借りることになります。

日頃から高級車に乗っている人は注意が必要です。例えば、4000万円する超高級外車に乗っていて、相手側の過失が100%である物損事故が起きたとします。

 

普段4000万円の車に乗っているので、当然代車も超高級車を探して・・・というわけにはいかないのです。外国産の高級車であっても、代車としては国産高級車くらいのグレードまでしか認められません。

 

これは、高級過ぎる車というのはあくまで持ち主の趣味性が強く発揮されたものであって、車である以上走行性能や安全性能が一定基準以上であれば、移動に支障がないからです。

 

保険会社が良く使う手段を知っておこう

 

保険会社は、代車費用を支払いたくない、と思っています。ですから、どこの保険会社に代車費用の請求をしても、まず間違いなく最初は断られます。

 

良く使われる手段は、「こちら側の過失が100のときでないと、代車費用は請求できないんですよ」というものです。交通事故では、過失割合というものを調べて、お互いの修理費用を負担します。10対90であなたに10%しか事故原因がないとしても、あなたに過失があるから代車費用は請求できないといってくるわけです。

 

もちろん、そんな事実はありません。事故の過失割合が50対50であろうと、代車の必要性が認められる場合、代車費用を請求することはできるのです。

 

しかし、こういっておけば、極小でも事故原因が自分にある、と思った人が代車費用の請求を引っ込める場合があるのでいっているわけです。

 

なお、代車費用を出し渋るのはどこの保険会社でも同じなので、あなたが加入している保険会社の担当者に強く「代車費用の支払いをするよういってくれ」と伝えても、きちんと伝わらないと思っておいたほうが良いでしょう。

 

代車費用は過失割合分の請求となる

 

過失割合ということばが何度が出てきていますね。代車費用だけに限った話ではなく、交通事故の損害賠償請求においては、被害額を算出した後、相手の過失分だけを請求できるようになっています。

 

例えば、代車費用として5万円かかったとしましょう。このときの事故で、あなたにも3割ほどの過失があるとあなたも合意している場合、実際に代車費用として請求することができるのは、5万円の70%である3万5000円までとなります。

 

自分の過失割合分である1万5000円に関しては、自己負担となります。

あなたに過失がゼロという場合でなければ、少なからず代車費用を手出ししなければならないことを覚えておいたほうが良いです。

 

保険会社とのやりとりを書面で行おう

 

ほとんどの保険会社は、代車費用を請求してもそんなものは請求できないと突っぱねてきます。

示談がまとまらなければ損害賠償請求の支払いは行われないので、交渉に時間がかかればかかるほど、修理費用や代車費用などでかかった経済的な負担が補填されるのは遅れます。

 

場合によっては、あえて交渉を長引かせることで、あなたに請求を諦め妥協してもらおうとする可能性もあります。そんなとき効果的なのが、書面でやりとりを行うことです。

 

合理的な必要性があって代車を使い、その費用を請求している場合、極端な話裁判をすれば保険会社がなにをいおうと支払い命令が下されます。

つまり、基本的に「あなたにも過失があるので・・・」といった主張に、法的根拠や合理的な理由はないのです。

 

口頭ではいったいわないの話になってしまいますから、代車費用を断られた場合は書面でその理由を主張してもらいましょう。もちろん、これこれこういう理由で、いくら代車費用がかかったので請求する、という書面を相手に渡すのも有効です。

 

交渉をスピーディーに終わらせるために、弁護士を入れて弁護士の名前で書類を送付してもらうのもおすすめです。

弁護士が入る以上保険会社側も適当な対応をすることはできないので、問題の早期解決につながります。