交通事故と自動車保険

By | 2015年7月27日

交通事故における自動車保険の重要性

 

交通事故を起こしたとき、あなたならどこに連絡を行いますか?

相手のけがの状況や車の破損状況を見て、110番や119番に電話をしたあと、多くの方は保険会社に連絡をして指示を仰ぐのではないでしょうか。

 

自動車事故とは切っても切れない関係を持っているのが、保険です。

あなたが交通事故の加害者であれ、被害者であれ、多くの場合金銭的な損害が出るのでその賠償をしなければなりません。

 

そんなとき頼りになるのが、「自動車保険」です。

自動車保険には、自賠責保険と任意保険があって、細かいことはさておき、自動車保険に加入している場合、あなたが交通事故の相手に与えてしまった損害に対する賠償金の支払いなどを、すべて保険会社側が受け持ってくれます。

 

リスクを回避するための手段として、保険はさまざまなところで利用されている商品です。万が一、なにかあったときに補償をしてくれる各種の保険は、自動車に乗るうえで、また自動車に乗っていないときでもあなたのことを守ってくれます。

 

だからこそ、いざ事故になってしまった場合真っ先に頼れるのが保険会社になるのです。

 

交通事故において、自動車保険がどのような役割を果たしているのか。その重要性を説明します。

 

もし保険に加入していなかったら?

 

公道を自動車やバイクで移動するために必要なものはいくつかありますよね。

まず、免許やナンバーが必要です。登録ナンバーがない車は公道を走ることができません。車検を受けて安全基準を満たしていることを証明できるようにしておく必要がありますし、一般的には各種の自動車保険も必須とされています。

 

「保険なんてなくても事故を起こさない!」なんて思っている人ほど、大きな交通事故を起こしてしまうものです。

 

現実的に考えると、どんなに事故を起こさないように気をつけていても、生まれてから死ぬまで一生交通事故を起こさない、巻き込まれない可能性は低いといわざるを得ません。

 

それだけ交通事故の件数が多いということもありますし、なにより、交通事故というのは例えあなたが完璧に安全に配慮した運転をしていても、相手がぶつかってきて事故になってしまうといったことがあるからです。

 

車やバイクを運転しない人であっても、歩いているときに事故に巻き込まれたらどうしようもありません。人や車相手ではなく、動物とぶつかってしまうケースもあります。

 

日本全国に網の目のように張り巡らされた道路があり、多くの人が一般的に自動車を利用している以上、交通事故に対する備えとして自動車保険に加入するのはう店主の義務といっても良いのです。

 

保険というのは、「なにかあったときに補償してもらうために、毎月一定の保険料を支払う」というサービスです。

 

もし自動車保険に加入していなかったら、全ての補償を自分で行わなければなりません。被害者が1日入院したときの慰謝料額などは判例や自賠責の基準などで決まってくるので、大きなけがや後遺症があれば、数千万円、ときには数億円の損害賠償になることもあります。

 

個人規模ではどうしようもない金額であっても、保険に加入していれば保険会社が賠償金を支払ってくれるため、被害者はしっかり賠償を受け取ることができます。

 

損害賠償請求の交渉を一任できる

 

自動車保険に加入しておくことによる最大のメリットは、万が一事故が起きた場合の賠償金等々を自分で負担しなくて良い、ということです。

 

次点で自動車保険が優れているのは、交通事故の加害者と被害者が直接やり取りをしなくても良いということです。もし自動車保険がなかったら、事故の加害者に事故の被害者が直接交渉をし、損害賠償請求をしなければなりません。

 

多くの場合、交通事故の被害者にとって加害者とのやり取りをするのは精神的にストレスを感じるものですし、加害者側も「○○万円支払ってくれ」という話し合いをするわけですから、疲れます。

 

その点、少なくとも自動車保険会社が間に入ってくれれば、加害者と被害者が直接顔を合わせることはありませんし、事故後の補償についての知識も持っている人が担当をしてくれるので、感情的にこじれるリスクを低くすることができます。

 

もちろん、全てにおいてメリットがあるわけではありません。自動車保険に加入していれば確かに交渉も代行してくれますし、賠償金の負担も保険会社がしてくれます。

 

しかし、場合によっては被害者と加害者では損害賠償の合意ができていても、保険会社が納得しないことでなかなか話の決着がつかないということもあるので注意しましょう。

 

また、交渉を一任した保険会社の担当者も全員が素晴らしい能力や経験を持っているわけではありません。担当者の言い分や態度が原因で相手の態度が悪化してしまい、結局話し合いがこじれる、なんてことも考えられます。

 

自動車保険の補償と注意点

 

自動車保険に加入していると、賠償金の支払いを気にする必要がない、というメリットがあります。

 

ちょっとした接触事故程度であれば個人的な預貯金から賠償金を用立てることも不可能ではありませんが、金額が大きくなると実質的に個人で事故の責任を持つのは不可能です。

 

多くの場合、自動車保険では人身事故と物損事故の両方に対応できるようなプランが組まれています。ただ交通事故の内容は非常に複雑で、事故の内容、補償しなければならないことも違ってきます。

 

相手のけがだけを補償すれば良い保険、相手のけがと車などの持ち物まで補償できる保険、自分の車が破損した場合にも保険金が下りる保険。基本的には対人賠償と対物賠償が軸になってきますが、とにかく保険の補償範囲に含まれていれば、上限金額までは保険会社がしっかり支払ってくれるのです。

 

重要なのは、自動車保険には種類の違いや補償範囲の違い、補償金額の違いがあって、手厚い補償であるほど毎月の保険料は高くなるということです。

 

手厚い保険に加入しておけば、大抵の事故では自らの懐が痛むことはありませんし、示談交渉なども安心して任せられるので安心感が高いです。

 

自分を守るためにも保険にしっかり加入しよう

 

自動車保険に加入するのは、相手への損害賠償金をつつがなく支払うためだけではありません。

もちろん相手への補償をしっかり行うことができるように、リスク回避の手段として保険を選択するのですが、自動車保険に加入することであなたの生活や健康も間接的に保護することができるのです。

 

自動車保険のなかには、自損事故や事故によって負ったけがに対して保険金が出るものもあります。相手が任意保険に加入していなくても補償を受けられる自動車保険に入っておけば、なにがあっても必要最低限の金銭的な補償が受けられるというわけです。

 

契約の内容によっては自分の家族などにも保険を適用可能です。相手だけでなく、自分や自分の周囲にいる人のためにも自動車保険に加入しておきましょう。